奈良生駒の女性行政書士 「すみれ行政書士法務事務所」の野村早香です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

日本公証人連合会の発表によると、

平成26年に作られた「遺言公正証書」が全国で10万件を突破したそうです。

<遺言公正証書作成件数の推移>
・平成17年  69,831件
・平成18年  72,235件
・平成19年  74,160件
・平成20年  76,436件
・平成21年  77,878件
・平成22年  81,984件
・平成23年  78,754件
・平成24年  88,156件
・平成25年  96,020件
・平成26年  104,490件

(日本公証人連合会HPより)

少子高齢化、相続税改正等で相続・遺言への関心度が高まっています。

遺言には「自筆証書遺言」もあります。

「自筆証書遺言」は、
・費用がかからない
・証人がいらない

というメリットもありますが、

・遺言の中身を確認するには家庭裁判所の検認が必要
・発見されないかもしれない
・偽造、変造される恐れがある

などのデメリットもあり、

公正証書遺言をおすすめすることが多いです。

弊事務所でもご相談を賜っていますので、
お気軽にお問い合わせくださいませ。


 

奈良生駒の相続・遺言・任意後見・会社設立なら「すみれ行政書士法務事務所」

https://sumire-houmu.com/