奈良生駒の女性行政書士 「すみれ行政書士法務事務所」の野村早香です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて今年も12月に入り、1か月をきりました。

この1年も本当に色々な取り組みをしてきました。

振り返りをしていきたいと思います。

ということで、まずは、「コスモス会員加入」。

コスモスとは、全国の行政書士のうち、

成年後見に関する十分な知識・経験を有する者を正会員として組織する団体です。

入会前には研修と試験があり、それをクリアした行政書士のみ加入できます。

成年後見制度の普及や、サポートの取り組みを行っていて、

私も高齢者支援の一環で入会前研修をクリアして今年入会しました。

他の士業でも後見業務の団体がありますが、

コスモスでは、会員が後見人となりますと、

3か月ごとの報告義務があることと、万が一に備えて、

賠償保険制度加入義務があります。

そもそも、後見制度は新聞等で見聞きするようになったものの具体的にはまだまだ知られていません。

例えば、後見には法定後見制度と任意後見制度がある、ということを知っておられるかたは少ないでしょう。

まずは制度を知ってもらうこと!

知っていると知らないとでは大違いですから、いざとなったときに安心して暮らしてもらえるように、

広報活動を行っています。

コスモス奈良では、イベントブースに出展したり、無料相談会をおこなったり、

地域包括さんや地域の自治会さんにて、寸劇を行い、わかりやすく後見を知ってもらう工夫をしています。

加入してから私は、広報相談部に所属し、主に上記のことを行ってきました。

こちらも楽しんで取り組みさせてもらっていますし、

地域の自治会長さんとお話しさせてもらうと、

これからもっと増えるであろう一人暮らしの高齢者に対して、

どのようにサポートしていくかを真剣に向き合っておられるのが伝わります。

その一つとして後見制度活用を積極的にとらえていただいています。

来年はコスモス奈良が設立して5周年を迎えます。

その一員として恥ずかしくないよう知識習得をもっと積んでいかなければなりません。

私にとって、今年ははじめの一歩となりました。


奈良生駒の相続・遺言・任意後見・会社設立なら「すみれ行政書士法務事務所」

https://sumire-houmu.com/