奈良生駒の女性行政書士 「すみれ行政書士法務事務所」の野村早香です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、4月締切だった、平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」、

約2万4000件の申請があり、1回当たりの募集では申請数が過去最多だったそうです。

確かに奈良県内だけでも、かなりの数だったので、驚きましたが、

過去最多だったとは・・・。

この「ものづくり補助金」は、

ほぼ毎年予算組みされ、中小企業支援の補助金として定着しつつありますし、

設備投資は、事業展開や、効率化などを目的に自社の競争力を高める機会になります。

まとまった金額であれば、資金繰りや設備融資なども考えなければいけないので、

補助金を活用できれば、特に中小企業にとってはありがたい制度ですね。

販路開拓のための持続化補助金でも、設備投資が活用例として多いです。

予定では6月上旬に採択が決定される見込みですが、

どういった事業内容が採択されたか、

採択率もどれぐらいになるのかが見ものです。

 

 
奈良生駒の相続・遺言・任意後見・会社設立なら「すみれ行政書士法務事務所」

https://sumire-houmu.com/