奈良県生駒の女性行政書士「すみれ行政書士法務事務所」のスタッフ竹内です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

補助者シリーズその③「書類」

行政書士の仕事で「書類の作成」は必須です。

特に、申請書類は、申請内容だけでなく、申請する行政機関によっても

様式が少しずつ変わったりします。

 

その中で、「補助者」にとって大切なことは何か。

難しい用語になれる?制度の理解を深める?

 

どれも大切なことですが、肝心なことは!!

「情報は適格に」これにつきます。

 

最近では、手書きの申請書は少なくなり、WordやExcelなどで入力することが多いです。

手書きよりは、各段にミスは減ります。

特に、「法人名」「所在地」「代表者名」「電話番号」「FAX番号」

など、何回も入力するものほミスが起こりやすいです。

ここで躓いて、再提出・・・・なんてことは避けたいものです。

すみれ行政書士法務事務所では、

①お客様情報は、所定のデータからコピー&ペースト(打ち間違いをなくします)

②必ず、紙に印刷してチェック(見方を変えてチェック)

③二者チェック(初見のほうが間違いをみつけやすい)

上記3点を実施しています!

簡単なこと、単純なことほど見逃しやすい、いかにミスを減らすか。

それが、当事務所で徹底していることの一つです。

https://sumire-houmu.com/