奈良県生駒の女性行政書士「すみれ行政書士法務事務所」のスタッフ竹内です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは「整頓」です!

パソコンを仕事の道具として扱う今日、

「整理=情報処理能力」だと感じます。

パソコンの中は、「第二の作業場」。

その作業場所は、外付けメモリを増やしていけば「無限」といっても過言ではないかもしれません。

たくさん保管できるからいいというのも考えものです。

「いくつでも入るから、いつまでも増える」これが問題です。

増えれば増えるほど、どこに何があるのかわからなくなっていきます。

 

行政書士の仕事は、多くの書類を扱います。

申請書類以外にも、お客様データ、基本情報データ、保管データなどなど、分類すべきものは山ほどあります。

これを、いかに「共有しやすく」「わかりやすく」「簡単に」「見つけやすく」するかのルール付けが必要になってきます。

地道な作業ですが、後々の仕事の効率を考えると、重要な作業です。

パソコン自身の、表示の順番(記号→数字→アルファベット→ひらがな→漢字)や、

もとから備わっている検索システムなどを踏まえ、お客様の会社の特徴ごとにフォルダを分けていく。

まだまだ、ベストなルール付けはできていませんが、日々模索しております。

https://sumire-houmu.com/