奈良生駒の女性行政書士 「すみれ行政書士法務事務所」の野村早香です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、今年も地域別最低賃金の改定にむけて、審議会の答申がでたようです。

現在の 最低賃金額 改訂後 見込み金額 発効予定日
奈良 762 786 10月1日
滋賀 788 813 10月5日
京都 831 856 10月1日
大阪 883 909 9月30日
兵庫 819 844 10月1日
和歌山 753 777 10月1日

奈良県は、762円から786円の、24円アップ。

その他の都道府県も20円強の大幅なアップです。

年々、上げ幅も大きくなっているように思います。

奈良県生駒市のような、他府県との隣接市にとっては、

労働力の流出になることもあります。

例えば、お隣の四條畷市で働く場合は、大阪の最低賃金が適用されますので、

働き手として、もし時給金額に大きな差が出ているならば、

大阪で働きたいと思うものです。

生駒市はもともと企業数も多くはないので痛手です。

いかに給料だけでない、働きがい、職場環境など、魅力的な企業にしていくか、ですね。


 

奈良生駒の相続・遺言・任意後見・会社設立なら「すみれ行政書士法務事務所」

https://sumire-houmu.com/