奈良県生駒の女性行政書士「すみれ行政書士法務事務所」のスタッフ竹内です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、竹内が最近読んだ『小さな習慣』という本で、

日々の業務の中でなるほど・・・、と思うことがありましたのでご紹介致します。

 

内容は「習慣作り」にたいしての本ですが、簡単に説明しますと、

省エネ体質の脳の仕組みを利用して、「小さな習慣」をつづけると、呼吸をすることぐらい

無意識に物事が続くようになるということです。

 

「続けることが大事」

それは、ごく当たり前なことで、誰しもがわかっていることですね。

けれど、現実としてはなかなか難しいです。

「なぜ難しいのか?」このことを、本では実例を挙げてわかりやすく解説されています。

 

業務の中で、この「ちいさな習慣」にあてはまるなぁ~と思うことの一つが、出勤簿のコメント欄です。

毎月、出勤簿を提出する際、「今月できたこと」「来月の目標」を記入する欄があります。

目的としては、

「毎月業務を機械的にこなすのではなく、常に改善できることや効率化できることを意識するため」です。

最初は、何も思い浮かばず、提出日に悩んでいたのですが、

2回3回と続けるうちに、だんだんと書けるようになってきました。

これが、習慣化することにより、無意識レベルで書けるようになるはず!・・・と思う今日この頃です。

https://sumire-houmu.com/